ポイント制サイトでありがち?


わたしの実体験を含めてお話しましょう。

【結局数万円支払うはめに】
出会い系といえば、一番多いのが登録無料で利用はポイント制のサイト。1ポイント=10円前後で料金加算される。掲示板閲覧1ポイント、メール送信5ポイントとかでやり取りするポイント制と呼ばれる形式で、登録は無料だけど、出会うためにするやりとりにポイント(お金)を消費していく。

話が盛り上がったりしてくると当然追加ポイント購入しなければならない。そうこうすると、月額3000円ぐらいあっという間に消費してしまうのです。登録段階では何千円使ったらやめようとか決めていても、いざ使い始めてみると次々と使ってしまいました。

使う金額を決めて、途中でやめれる意思の強いかたもいらっしゃるでしょうが、わたしはそうではありませんでした。そんなこんなで、数か月、月平均2万円以上使っておりました。
これが、出会うという意思のある女性だったらまだよかったんですが・・・・


【知らずにサクラばかりのポイント制出会い系を使っていた】
わたしが使っていたポイント制出会い系サイトは悪質で、サクラばかりでした。サクラとは、女性会員のふりをして、メッセージなどやりとりし男性にお金を消費させる人間のことで、役割をするのは男性の場合もあり、通常、サイトの運営者が雇い対応させる手口です。

目的が、登録男性にやりとりさせることで、出会うことではありません。当然ながら結局一人も出会うことはできませんでした。


【キャッシュバッカーと呼ばれる素人女性会員が増大中】
サクラがいないといわれていた別のポイント制サイトを使ったときのことです。
これも、あとからわかったことなんですが、
素人女性がサクラの役割を果たしているキャッシュバッカーと呼ばれる人が大量にいました。

サクラとは、サイト運営者が雇って人(女性OR男性)が男性会員をだます手口ですが、キャッシュバッカーとは、そのサイトに登録している一般女性会員なのです。
なぜ、女性会員がサクラのような手口のことをするかというと、そのサイトでは、女性はサイト利用がすべて無料なうえに、男性会員とメッセージをやりとりするとポイントがもらえるサイトだからでした。
そして、男性とやりとりして貯まったポイントは現金に交換できるというシステムなんです。

そうなると、男性とメールのやりとりをすればお金がもらえるということになります。
この不景気な時代、お金がない人、こづかいを稼ぎたい女性が当然、出会う意思もないのに、男性とのやりとりにいそしみます。お金を稼ぐのが目的の女性と出会ええることもありません。
結局、わたしは、ポイントを消費しまくっただけで、全く女性と出会えませんでした。

ある意味サクラより恐ろしい。

【一部のポイント制サイトがキャッシュバッカーの巣に】
キャッシュバッカーが多いことは、ポイント制サイト利用中に女性とのメールのやりとりのなかで、女性からキャッシュバッカーとして生計を立てているとの話を聞き出すことが出来たので判明したんです。女性によると、現在ポイント制サイトでは、キャッシュバッカーが大量にいて、最近は稼ぎが減ってきたと嘆いておりました。「そんなこと知るか!」と言いましたが・・・。。


【ラブサーチは、定額制出会い系サイトならではの良さがある】
ラブサーチはサクラはいません。女性は無料です。
ラブサーチは、ポイントをついつい消費してしまうこともありません。いくらサイトを使っても男性は月額2800円。追加料金も一切ありません。
低料金でかつ、サクラもキャッシュバッカーもおらず、純粋に出会いを楽しめるのがラブサーチです。

恥ずかしながら、ラブサーチに登録してから私ははじめて女性と出会うことができました。
出会えない可能性が高い多くの出会い系でお金を使うなら、月額2800円はダントツ安いですよ。

次ページ→歴史は?へ

最初のページ→どんなサイト?へ

公式サイト

サクラゼロ出会える評価絶好調!
男は月額3980円で使い放題

ラブサーチ(18歳以上)公式へ

プロフィール

数々の出会い系サイトで、サクラやキャッシュバッカーにだまされ続けた当サイト管理人。ラブサーチに登録し、忘れかけていたドキドキを思い出すことができた、どこにでもいる普通の男。