ひとりごと

『メールしませんか?』と、たった一言。

なんて素っ気ないメッセージだろう......それに15歳も年下。

いつもならすぐに削除メールなのに、なぜかそのままにしていました。


実は、それまでメール交換をしていた人がウソをついていたことがわかって、
ちょっと人間不信になっていた時だったんです。

だから、こういうサイトでの真面目な出会いは期待できないのかな?と思いつつ、軽い気持ちで、『写真送って下さい』と返事を出して二人の出会いはスタートしました。


二日間、何通もメール交換をしてから会いました。

実際に見る彼はとても素敵で、クールな外見とは裏腹に、話すととても暖かくて、男気のある頼れる感じがしました。

メール交換してまだ間もないということやこういうサイトでの出会いであるということ、

歳の差など何の違和感もなく、不思議なくらいお互いにすーっと入り込むことができました。


離婚してから14年間、やっと"この人"って思える人に出会った気がします。

諦めずに待ってて良かったと思います。


今、彼の仕事が大変な時で、なかなか会うのも難しいのですが、『忙しいけど、会いたいから会えるように時間も取ります』って頑張ってくれる彼が愛しくて......。

そんな彼に負担をかけないようにそっと支えてあげられたらなって思っています。

まだまだ始まったばかりの二人ですが、この出会いを大切にしてお互いに成長して行けるように頑張ります♪

最後になりましたが、二人を引き合わせてくれたラブサーチに感謝しています。

どうもありがとうございました。


最初はメールそして、写メ交換。これが出逢い前の基本のやりとりです。

覚えておきましょう!

2009年1月13日

「ラブ謎えいと」(2009年2月5日終了)
バレンタイン企画がスタートしました。

「バレンタインチョコプレゼントキャンペーン」(2009年2月5日終了)

「恋友&本命チョコキャンペーン」(2009年2月5日終了)


バレンタインは、1年に一度女性から告白出来る日。

いまや、男性からの告白をまつだけじゃなく、女性から積極的に男性に告白する時代。

バレンタインが良いきっかけを与えてくれます。

ラブサーチでは、例年、バレンタインにうれしい企画キャンペーンで交際のきっかけをくれます。

あと少しの勇気を与えてくれるラブサーチで、であいませんか。

さまざまな機能があるラブサーチ。

ラブコミ掲示板で、共通の趣味等を共有するコミュニケーションスペース!

同じ趣味の仲間と出会えます!

共通の趣味の友達作りに最適で、

異性だけでなく、同性の友達もつくれちゃう!

興味のあるタイトルを探して、見つからなかったら自分で投稿しよう!

いろんな仲間があつまってくるかもしれませんね。

女性同士ってのも、けっこう気が合うこともおおいってことで、最近では女子会もいたるところで開催されていることですし、コミュニケーションとって居酒屋で一杯なーんていいんじゃないでしょうか?

2008年1月31日

ホワイトデーキャンペーンがスタートしました。

カップル限定!告白キャンペーン(2008年2月29日終了)。

バレンタインの次はホワイトデー。

忙しい年末年始が通り過ぎふと、さびしくなる季節。

意外に忙しくしているんですよね。年末は仕事とかいろいろばたばたしてやっぱり師走。お正月もあっというまに何をやったんだか知らずに過ぎていって、そして、仕事が新学期が、始まる。始まったらなんとなく、けっこうそれに集中して、恋所では泣くなcたっていたりして。そしてはっとして、1月末。

動きださなくっちゃ・・・・と。

出会い系サイトラブサーチは、告白キャンペーンで、あと一歩を応援してくれます。

このあたりが、会員をずっと伸ばし続けている理由でしょう。

サイトに登録したあとの広告メールって、うっとうしいですね。もう迷惑メールに入れたくなりますし、でも、大事なメールがあるかも知れないし・・・。迷います。送ってこなければいいのですよねえ・・・。

最近は少なくなったけど、一時は楽天あたりも、毎日のようにうっとうしいメールが届きましたね。ほんとにやになっちゃいます。そんなに毎日買い物することはないですよね。お金が続かないし・・・。ものもそんなに置けないし、食べきれないですし。。。いくらなんでもってレベルでした。
たとえ、ちゃんとしたサイトだとわかっていても、登録したところからのメールといっても限度あるでしょう。不快でした。
逆にアマゾンはまったくと言っていいほど静かでしたね。良心的です。けっこうこういった広告メールだけでも、サイトをつかう、つかわないの判断をみんなしているんじゃないのかなあ・・・・・って思います。いまでは、わたくし、すっかり楽天での買い物がなくなりました。無意識のうちにいやな思いって蓄積されていったのだと、最近になって思います。ま、アマゾンの品揃えがますますすっごく充実してきたってこともあるし、送料無料の商品多いしで、お金がある時以外、楽天は使わなくなってしまいました。

そんななか出会い系への登録をすると、よく聞かれるのが、同じく広告メール。楽天のように自サイトのメールならまだしも、他社広告のメールがひっきりなしに飛び込んでくる。いただけません。

ラブサーチは良質サイトですから、他社広告メールは一切ありません。ごくたまに、キャンペーンや企画があるときなどに、メールがあるだけで、まったく静かなものです。しっかり相手探しに専念できるってものですね。


わたしの実体験を含めてお話しましょう。

【結局数万円支払うはめに】
出会い系といえば、一番多いのが登録無料で利用はポイント制のサイト。1ポイント=10円前後で料金加算される。掲示板閲覧1ポイント、メール送信5ポイントとかでやり取りするポイント制と呼ばれる形式で、登録は無料だけど、出会うためにするやりとりにポイント(お金)を消費していく。

話が盛り上がったりしてくると当然追加ポイント購入しなければならない。そうこうすると、月額3000円ぐらいあっという間に消費してしまうのです。登録段階では何千円使ったらやめようとか決めていても、いざ使い始めてみると次々と使ってしまいました。

使う金額を決めて、途中でやめれる意思の強いかたもいらっしゃるでしょうが、わたしはそうではありませんでした。そんなこんなで、数か月、月平均2万円以上使っておりました。
これが、出会うという意思のある女性だったらまだよかったんですが・・・・


【知らずにサクラばかりのポイント制出会い系を使っていた】
わたしが使っていたポイント制出会い系サイトは悪質で、サクラばかりでした。サクラとは、女性会員のふりをして、メッセージなどやりとりし男性にお金を消費させる人間のことで、役割をするのは男性の場合もあり、通常、サイトの運営者が雇い対応させる手口です。

目的が、登録男性にやりとりさせることで、出会うことではありません。当然ながら結局一人も出会うことはできませんでした。


【キャッシュバッカーと呼ばれる素人女性会員が増大中】
サクラがいないといわれていた別のポイント制サイトを使ったときのことです。
これも、あとからわかったことなんですが、
素人女性がサクラの役割を果たしているキャッシュバッカーと呼ばれる人が大量にいました。

サクラとは、サイト運営者が雇って人(女性OR男性)が男性会員をだます手口ですが、キャッシュバッカーとは、そのサイトに登録している一般女性会員なのです。
なぜ、女性会員がサクラのような手口のことをするかというと、そのサイトでは、女性はサイト利用がすべて無料なうえに、男性会員とメッセージをやりとりするとポイントがもらえるサイトだからでした。
そして、男性とやりとりして貯まったポイントは現金に交換できるというシステムなんです。

そうなると、男性とメールのやりとりをすればお金がもらえるということになります。
この不景気な時代、お金がない人、こづかいを稼ぎたい女性が当然、出会う意思もないのに、男性とのやりとりにいそしみます。お金を稼ぐのが目的の女性と出会ええることもありません。
結局、わたしは、ポイントを消費しまくっただけで、全く女性と出会えませんでした。

ある意味サクラより恐ろしい。

【一部のポイント制サイトがキャッシュバッカーの巣に】
キャッシュバッカーが多いことは、ポイント制サイト利用中に女性とのメールのやりとりのなかで、女性からキャッシュバッカーとして生計を立てているとの話を聞き出すことが出来たので判明したんです。女性によると、現在ポイント制サイトでは、キャッシュバッカーが大量にいて、最近は稼ぎが減ってきたと嘆いておりました。「そんなこと知るか!」と言いましたが・・・。。


【ラブサーチは、定額制出会い系サイトならではの良さがある】
ラブサーチはサクラはいません。女性は無料です。
ラブサーチは、ポイントをついつい消費してしまうこともありません。いくらサイトを使っても男性は月額2800円。追加料金も一切ありません。
低料金でかつ、サクラもキャッシュバッカーもおらず、純粋に出会いを楽しめるのがラブサーチです。

恥ずかしながら、ラブサーチに登録してから私ははじめて女性と出会うことができました。
出会えない可能性が高い多くの出会い系でお金を使うなら、月額2800円はダントツ安いですよ。

次ページ→歴史は?へ

最初のページ→どんなサイト?へ

【ラブサーチから、月会費以外の費用を請求することは一切ありません。】
ラブサーチは、男性は入会金無料で月額固定制(1ヶ月2,800円のみ・税込)
(6ヶ月12,000円の男性お得コースが2011年新設されました!)

女性は入会金・月会費無料で、すべてのサービスが利用できます。

ラブサーチを使う前、無料出会い系サイトを利用していたころの私は、不正請求の雨あられ状態でした。
悪質なサイトでは、サクラとのやりとりもできず(笑)、登録しただけで「100万円払え!」
ってメールがとどいたこともあります。
さすがに、あきれましたが、そんなことも頻繁にあるのが残念ながらごく一般的出会い系サイトなんです。

ラブサーチは違います。男性月額2800円ポッキリ!いくら機能を使い倒しても2800円。
追加請求、不正請求はいっさいありません。わたしが証人です。
こんな低料金でいいサイトがあったのに、わたしはどこをみていたんでしょうか。ほんとに。
ラブサーチに出会えてよかったです。

次ページ→サポートはどうなの?へ

最初のページ→どんなサイト?概要へ

 ↓ラブサーチスタッフのある日の会議の模様↓

【わたしが、ラブサーチのサポートに問い会わせメールをした時の話です。

1月3日の午前中にサポートメールに問い合わせをしました。

間違いのないように言いますが、「サポートセンターの営業時間は、平日9:00-17:00となっています。営業時間外のお問い合わせは、翌営業時間のご回答となりますので、ご了承くださいませ。 」
とありますので、前置きしたうえで申します。

1月3日は当然普通はお休みなんでしょうけど、サイト見ているうちに疑問がうかんできたので、サポートにメールしたくなったんです。
「休みだろうけど、忘れないうちに問い合わせフォームに入力しとこう。休み明けにでも返答してくれるだろうし・・」と、午前中にメールフォームで質問を送ったんです。

すると、なんと!
同日の午後の2時に返事が返ってきたんです。
ほんとにびっくりしました。

もちろん質問の内容には的確に答えてくれていてスッキリしたのですが、1月3日はお正月(休日)ですからねえ。
その時はいろいろ考えたんですけど、「たまたまスタッフが出勤してたんだろうなあ。」とか、
「でも、問い合わせを見て返してくれるなんてあまりやってくれないようなあ・・。」とか。
めっちゃがんばってくれていると思いましたよ。
わたしも休日出勤で会社に行くことはちょくちょくありましたが、メールなんてみませんもの。
みないでしょ、普通。

念のため申しますが、
ラブサーチのスタッフはたぶんお正月とか休日に出勤されてはいないと思います(わかりません)。
もしそうだったとしても、それならなおさら、問い合わせを見て返答してくれるなんてすごいとおもいました。
わざわざ問い合わせを見てくれたこと。そして、次の日でもいいのに、返答くれたこと。
もうひとつ付け加えると、問い合わせは、わたしがまだ登録をしてないときだったんです。
その瞬間から、わたしはラブサーチのファンになってしまいました。
本気で出会いをサポートしてくれるだあ・・・。と。

悩んでいるだろうとの気持ちがあるから、みてくださって、すぐ返答くれたスタッフに感謝しています。

次ページ→管理体制はどうなの?

最初のページ→どんなサイト?概要へ


ラブサーチのサイトを利用していると、よく出てくる癒し系のこの子たち。
意外と名前が知られておりません。

左から、「トッキー」「メッキー」「ケイゾー」だそうです。
わたしはもう覚えてしまいました。


→最後に・・・へ

最初のページ→ラブサーチってどんなサイト?へ

2002年7月15日

iモードBEST  KKベストセラーズ  にて、

【超絶人気サイト完全攻略BEST900・オススメ出会い系サイト35】に、

登録数は女性の方がかなり多いと紹介されました。


女性は無料ですので、気軽に参加できます。

1 2 3

公式サイト

サクラゼロ出会える評価絶好調!
男は月額3980円で使い放題

ラブサーチ(18歳以上)公式へ

プロフィール

数々の出会い系サイトで、サクラやキャッシュバッカーにだまされ続けた当サイト管理人。ラブサーチに登録し、忘れかけていたドキドキを思い出すことができた、どこにでもいる普通の男。